若狭小浜 お食事処 魚山亭 “ぎょうさんてい” ホーム・ぎょうさんてい
エントランス
若┃狭┃・┃小┃浜┃
━┛━┛━┛━┛━┛
 ボ┃リ┃ュ┃ー┃ム┃自┃慢┃
 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
  ぎ┃ょ┃う┃さ┃ん┃て┃い┃
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛


魚山亭お勧め 小浜の散策コース
近くは小浜公園、マーメイド・テラス、鯖街道の基点とされる泉町など、手軽に散策でき、また小浜の歴史を知っていただける散策コースを御紹介します。
(本文及び画像は、若狭小浜観光協会旧サイトから転載しています。)
御食国 (みけつ国) 若狭小浜

マーメイドテラス
人魚の浜海岸として整備改良され市街から歩いていける海水浴場にある八百姫伝説の人魚にちなんで立てられたマーメイド像一対を配したテラス。ここから見える海に沈む夕日は絶品です。一度ご覧あれ。
ここから左側後瀬山のふもとまでの白砂の海岸、近くには、小浜公園、歴史を誇る三丁町や淀君の妹、常高院の寺を始めとする20棟を数える寺院が軒を連ねて並んでいます。
マーメイドテラス
山川登美子歌碑
小浜公園内に2基の歌碑がある。「幾ひろの波は帆を越す雲に笑み北国人と歌われにけり」「髪ながき少女と生まれ白百合の額は伏せつつ君をこそおもへ」
山川登美子歌碑
小浜公園
海に抱かれた市街地を望む山の頂上に展望台と休憩所がある。佐久間艇長像や上田三平、梅田雲浜、山口嘉七などの顕彰碑が建つ。夜景も美しく、市民の憩いの場となっている。
小浜公園
常高寺
江戸時代初期の若狭の国主、京極高次の夫人お初の方(常高院)が亡き夫の牌所として建立した臨済宗の寺。常高院は戦国悲劇の三姉妹(淀君、お初、お江)の次女で豊臣と徳川の共存に腐心した。市指定文化財の狩野派の襖絵や、尾崎放哉の句碑もある。
常高寺
高成寺
1339年に足利尊氏が全国に建てた安国寺ののひとつで、焼失後若狭守護の大高重成が再建した臨済宗の寺。現在の建物は1754年に完成したもので、古くはもっと大規模な伽藍を形成していた。後背の海望山は小浜公園となっている。
高成寺
三丁町 三丁町
千本格子の家々が軒を連ねる三丁町の通りは、三味線の音やすれ違う着物姿の女性の何気ない会話の中に響く京言葉が、その空気にとけ込んでまるで祇園の界隈を歩いているような錯覚を覚えます。何とも艶があり、風情のある光景です。 風流で、情緒的で、気品があって、旅人を思わず引き込んでしまう魅力があります。
三丁町
八百比丘尼入定洞
人魚の肉を食べて八百歳まで生きたという八百比丘尼伝説。全国を行脚し、貧しい人を助け、椿の種をまき花を咲かせた後、若狭に戻り亡くなったという洞穴。当時を忍ぶ椿の花が今も咲き誇り、健康長寿を願う人々のお参りが絶えない。
八百比丘尼入定洞
町並保存資料館
江戸時代後期の町屋を再生したもの。小浜は江戸時代中期までは日本海最大の港町で、北前船の寄港地として物資や文化の交流で栄え、町人の多くが豊かな生活をしていた。丹後街道に沿って町人町、寺町、廊町の町並が残っている。
町並保存資料館
瀧の天満宮
戦国時代、当時の守護武田元明を攻めた越前の武将朝倉義景が、神社より菅原道真公の像を持ち帰ったところ、一条谷の戦いにおいて良くないことが続き、あわてて戻しに来たという。当時の詫び証文が残されている。
瀧の天満宮
瀧の水
名水の水音は何ともいえない風情。昔は酒も造られた。京都天竜寺の僧が唐の国への土産にこの酒を持って行ったところ、何年たっても味が変わらず清いままだったという。水汲み場の上には3体のお地蔵さんが祀られている。
瀧の水

魚の小売商店が並ぶ。朝に水揚げされたばかりの活きのいい魚や、鯖を焼く煙と一夜乾しの縄暖簾、威勢のよい声に引き込まれる。1601年に町割りが行われ、問屋、仲買人の集まる町とともに魚専門の一帯が生まれた。
泉町鯖街道資料館
泉町鯖街道資料館
 
みけつくに わかさ おばま
〒917-0051福井県小浜市白鳥海岸27-3
TEL: (0770)52-6833
とらふぐ王国 若狭 小浜
 
御食国 (みけつ国) 若狭小浜福井県小浜市 食事処 魚山亭 “ぎょうさんてい”